JP / EN / FR
Missa Johnouchi
silenthorizon

2005年にNY・カーネギーホールでスマトラ沖大震災チャリティコンサートを託された時、NY9.11テロで被害に遭われたご家族が多数コンサートに駆けつけてくださいました。自作アルバムが欧米でチャートインしていた頃でした。
その中に10歳くらいの女の子がいました。お父様が被害に遭われたということでした。その子はテロ以降の数年間、学校の授業で景色をスケッチしても色をつけることが出来ず無機質なものしか描けなかったそうです。彼女の心は何を見ても紙のように真っ 白な景色にしか映らなかったのでしょう。
そしてコンサートの日。
「ミサの曲を聞いていたらと不思議とパパと心の中で会えた気がした。悲しいときはたくさん泣いてそして、その涙をゆっくりでいいから愛と希望に代えなさい、パパはいつも君たちの隣にいます」と言ってくれた気がしたと話してくれました。テロの恐怖を思 い出すから橋を渡れず迂回してきたマンハッタンへの路。帰りは胸を張って橋を渡り家に帰る事が出来た。
その後、描いた絵には、大地の深い土の色。そしてそこに美しい緑の色で芽生えたばかりの若葉が描かれていたそうです。
この話しを伺い、私が曲を創り続ける意味、コンサートをする意味を、ご遺族に教えていただいた気がしました。このカーネギーホールでのコンサートから1年後にユネスコ平和芸術家に任命いただき2016年には10年目を迎えますが、同時に震災から5年、さらにパリでのテロも記憶に新しく、改めて平和について考 えずにはいられません。この節目に、長きに渡りレコーディングやコンサート等で一緒に演奏してくださっているフルート奏者の高桑英世さんに今回のアルバムの演奏をお願いしました。神々しくも限りなく透明な音色と卓越した演奏は、風景の音を鮮やかに 浮かび上がらせてくださったと思っています。
いま、改めて、カーネギーホールでの出来事を心に刻み、このアルバムで、心の平和への祈念を捧げます。

音楽家・ユネスコ平和芸術家 城之内ミサ)

風景の音~Sketches of scenery
1. 喪失の彼方 ~Beyond the loss  
2. 永遠の光の中で ~Eternal light  
3. 望郷 ~Nostalgia  
4. 若葉の頃に ~Spring day  
5. ひまわりの路 ~Road of sunflower  
6. Peace of mind(英語バージョン) [国連機関ユネスコ・パリ本部:公式ソング]
7. 旅愁 ~Silent Horizon (ピアノバージョン) [東京国際空港(羽田)国際線旅客ターミナル拡張記念曲]
8. 祈り ~Prayer (ライブバージョン) [世界遺産トーチランコンサート~東京国際空港国際線旅客ターミナル「シリーズ12」よりライブ録音]
LINKS

- amazon.jp 「風景の音~Sketches of scenery」で試聴する

- 城之内ミサ iTunes JP / FR / US