- Profile -



Profile
missa
国連機関ユネスコ・パリ本部任命:ユネスコ平和芸術家
音楽家・東邦音楽短期大学特任教授

城之内ミサ
Missa Johnouchi


私立宝仙学園付属感応幼稚園〜私立宝仙学園小学校〜私立東邦音楽大学附属東邦中学校(ピアノ専攻)〜同東邦高等学校(ピアノ専攻)〜私立東邦音楽短期大学音楽科作曲楽理専攻卒。
ピアノを宮島敏、指揮を秋山和慶、作曲と指揮を片柳英男、フランスの音楽家ジャン・クロード・プティ各氏に師事。
平成元年、洗足学園大学指揮研究所第一期生入学。指揮を秋山和慶氏(東京交響楽団・バンクーバー交響楽団音楽監督(現在桂冠指揮者)に師事。

東邦音楽短期大学在学中より、テレビドラマ、映画音楽の作編曲など、プロとしての活動を始める。 1980年NHKヤングミュージックフェスティバル東京大会で銀賞受賞。(オリジナル楽曲と歌唱)

ドラマ音楽作曲として「3年B組金八先生」、「毎度おさわがせします」、ベストセラーとなった安部譲二氏著書「塀の中の懲りない面々」、「フレンズ」、「ポーラ連続テレビ小説」、「日曜東芝劇場」、「金子みすゞ物語」、他文化庁芸術祭参加作品や秋元康監督の映画「マンハッタンキス」など、数々のドラマ、映画、映像の音楽や主題歌を手掛ける一方、TBSのニュース番組「イブニング5」のテーマ曲を手掛けヒット。CMとしては「日本香堂(出演・音楽)」、「伊勢丹(春秋キャンペーン)」、「雪印」、「キューピー」、「旭化成(全日本CM大賞受賞・出演と音楽)」、「積水(屋根瓦)」、「クレフ化粧品」などの音楽も手掛けた。 メディアでは映像音楽の作曲家として、“ゲキバン(劇伴奏)の女王”の異名を持ち、映像音楽の分野に於ける、女性作曲家の門戸を開いた第一人者。

テレビではゲストコメンテーターとして数々の番組に出演。

また、音楽を担当したドラマで役者としても出演。
*ポーラ連続テレビ小説「朝の夢」
*東芝日曜劇場「あんちゃんの恋逃げた」同・「空港」
「3年B組金八先生」「母をたずねて三千里」「スクラップ」「目撃者」など。

テレビのドキュメンタリー番組のナレーターや出演も数多い。
* WOWOW「地球街道住番地」
* MBS「真珠の小箱」
* 読売テレビ「白き炎の舞」等

エッセー執筆も多数あり、NHK出版『H2O』や、エールフランスの機内誌『Bon Voyage』など、温かい文体には定評がある。

2002年にはNHK「トップランナー」にて特集が組まれ、映像と音楽のリンクを生で再現し“神業”と評価された。

ラジオのパーソナリティとしては、TOKYO FM「ハート・オブ・サンデー」(初代パーソナリティ)を5年間つとめ、TBSラジオ「城之内ミサの音楽工房」のパーソナリティもつとめた。bayfm「パワーフライデー」、TBSラジオ「チョット無理して生きてます」は、アナウンサー福留功男氏とコンビを組んだ。

現在、「ユネスコ平和芸術家 城之内ミサ Peace of mind」
が毎週日曜日 15:00~15:30 全国コミュニティラジオ放送局にてレギュラー放送中。

また、アーティストのプロデュース、編曲、楽曲提供も手掛ける。(谷村新司氏、林明日香氏、森山直太郎氏、シャオロン氏、高桑英世氏、ジャン・シャオチン氏、ジャー・パンファン氏等。) シンガーソングライターとしては、1988年から、TBSドラマ「親子ウォーズ」の主題歌で、ドラマ背景音楽の作編曲のみならず、自らが歌い演奏するアルバムをリリース。主題歌の代表作にTBSドラマ「スタンドバイミー 〜気まぐれ白書〜」の主題歌『きまぐれ白書』、ドラマ「スタンドバイミーII 〜気まぐれ天使〜」の主題歌『舞い降りた天使』、ドラマ「塀の中の懲りない面々」の主題歌『抱きしめてOnce Again』、ドラマ「あんちゃんの恋逃げた」の主題歌『君の声が聞きたい』、ドラマ「イエローカード」の主題歌『鍵』などがある。

88年より、国立パリ・オペラ座管弦楽団、及び国立パリ管弦楽団との共演によるレコーディングを開始。クラシックとポップスを融合したアルバムを手掛け、日本とフランスで脚光を浴びる。(このレコーディングは現在も続き、20年近くにも及ぶ友情は、城之内ミサのコンサート演奏でも続いている。)

翌年、フランスにて、フランス映画音楽界の大家ジャン・クロード・プティ氏に師事〜フランス留学し更に精進し、1993年ブザンソン国際指揮者コンクールに出場を果たす。
1995年には、国立パリ・オペラ座管弦楽団による演奏で、自作のシンフォニー『皇帝の帽子』を自ら指揮したことは、日本人では小沢征爾氏に続いて二人目、女性では世界初となる。
1999年より、アジアの音楽を手掛けはじめる。

2000年には、アルバム『華』『華2』『フレンズ』などをリリース、世界14カ国でも発売。全米ニューエイジチャート上位をにぎわす。また、国内では奈良県興福寺の国宝・東金堂の前で、「平城遷都1300年オープニングイベント」として、中国の楽器と西洋の楽器を融合させた「城之内ミサ・オーケストラ」を立ち上げ、自らのアルバムを指揮し、ピアノを演奏。ご奉納音楽として、新作『空華(くうげ)』を指揮した。国宝の前でのコンサートは世界初。
また、ロサンゼルス(ロサンゼルス・コンベンションセンター)でのコンサートも成功を収め、「世界の城之内ミサ」として、着実に実績を重ねる。

主な活動歴(抜粋)


2001年、大阪シンフォニカー交響楽団萎嘱作品『空華(くうげ)Ⅱ』を作曲し、国内初演はじめ、ルーマニア、中国、マケドニアなど、海外のオーケスラによる演奏で各国初演となり国内外で話題となる(日本ルーマニア修交100周年記念、日中国交30周年、日本政府楽器無償援助感謝のコンサート等の記念祭)。 ルーマニア国立放送管弦楽団、ジョルジュ・エネスコ・ブカレスト・フィルハーモニー管弦楽団の演奏。

2002年、奈良県委嘱作品『大和路シンフォニー』を作曲し、初演にて指揮とピアノを担当した(共演は中国の民族楽器奏者たちと日本を代表するソリストで結成したオーケストラ)。

2003年には、『空華(くうげ)Ⅱ』『Continent of EURASIA(ユーラシア大陸)』を国立パリ・オペラ座管弦楽団の演奏でレコーディングし、自ら指揮。また、画家の城戸和子氏、二胡奏者のカレン・ハン氏と共に「音楽とアートのコラボレーション~祈り~」(愛知万博の愛・地球博推奨コンサート)を開催した。
同年11月には、フランス・パリのユネスコ本部大ホール「アラブ音楽院救済チャリティコンサート」に参加、アラン・クズネツォフ氏(国立パリ・オペラ座管弦楽団コンサートマスター)と共演し成功を収める。

2004年、「フランス・ベルサイユ祭プレ・イベント」にて国立パリ・オペラ座管弦楽団のコンサートマスターおよびトップ奏者達と共演し、自作の『大和路シンフォニー』海外初公演を実施し、大成功を収める。
同年4月、浜松・花博オープニングイベントでは、『新・花風流(故野村万之丞演出)』の作曲、音楽監督を手がけると共に、6月には故野村万之丞プロデュース「千夜一夜物語」の出演および音楽監督も果たす。
8月には、イタリア・カターニア国際音楽祭にて、新作シンフォニー『幻華(GENKA)』を世界初演。ラマッカ市長より表彰された。 9月、ベストアルバム『華音(かのん)』をリリース。
10月、TBS系ドラマ「夜回り先生」の音楽を担当、ギャラクシー賞を受賞した。 2004年度末を飾るべく「PAX MUSICA・上海公演」を行い、城之内ミサ作曲『Asian Wind』がテーマ曲となり、上海音楽院生徒を指揮。
 
2005年TBS系ドラマ「3年B組金八先生~第7シリーズ」オリジナルサウンドトラックを発売。2月、チュニジア、イタリア・シチリアとヨーロッパ政府招聘によりコンサートを実施、これらの海外公演を皮切りに、3月には、ニューヨークのザンケル アット カーネギーホールにてニューヨークポップスとの共演を果たし、大成功を収める(スマトラ沖津波震災チャリティコンサート)。当日は、9・11テロの犠牲者ご遺族が200名、城之内ミサの音楽を聴きにご来場くださり、彼らにとって心待ちにしていたコンサートであった。

同年2月には「平城京フォーラム」にて、画家・城戸和子氏と共に、日比谷公会堂にてライブを行う。5月、サラ・ブライトマンのコンサートのオープニングにて、カターニア国際音楽祭で世界初演された『幻華(GENKA)』を東京フィルハーモニー交響楽団の演奏により日本初演。7月には、ベネズエラ大使館からの招聘により、首都カラカスのテレサ・カレーニョ大劇場で「城之内ミサコンサート」を実施。80名の国立ユースオーケストラの演奏と120名の国立青少年合唱団と共演。指揮とピアノを担当。 11月には、ロサンジェルスにて、ロス在住二胡奏者カレン・ハンと再演のコンサートを実施。アーノルド・シュワルツェネッガー州知事より感謝状を送られる。
 
2006年、国連機関ユネスコ・パリ本部より、世界遺産、教育担当として「ユネスコ平和芸術家」に任命され、作曲・指揮部門では日本人初の快挙となる。(指揮者のゲルギエフ氏、歌手のセリーヌ・ディオン、横綱・白鵬関なども平和芸術家に選定されている。)「ユネスコ平和芸術家」とは、国際的に活躍するアーティストに与えられる名誉ある任命である。

ユネスコ・パートナーシップ事業「世界遺産トーチランコンサート」を主宰し、全曲城之内ミサのオリジナル楽曲の演奏で、指揮とピアノを担当。アメリカ、中国、チュニジア、イタリア、オーストラリア、ベネズエラ、ペルー、カナダ、マケドニア、ルーマニア、フランス等、各国のオーケストラ、民族楽器奏者と共演し、自作曲でのコンサートを開催。再演の呼び声も高い。

NHK特集でも話題となった、ベネスエラのユースオーケストラを指揮したのは、城之内ミサが初めてである(全曲オリジナル楽曲の演奏で、この模様は国営テレビで2週に渡り放映された)。

2007年には、ペルーにて国立ペルー管弦楽団の演奏で指揮とピアノを担当。ベネズエラでも政府の招聘され再演を果たし、パリのサンジェルマン・デプレ教会にて「ユネスコ世界遺産条約35周年記念 世界遺産トーチランコンサート」で、国立パリ・オペラ座管弦楽団演奏によるコンサートを開催。いずれも全て自作曲のプログラムで指揮とピアノを担当し大成功を収める。

以降、フランス観光親善大使として、各地でコンサートを実施。「日仏交流150周年・京都パリ友情盟約締結50周年記念 相国寺 金閣 銀閣名宝展」が、2008年10月からパリ・プティパレ美術館で開催され、映像音楽の作曲を担当。また、人気を博した「興福寺・阿修羅展」(東京では来場者100万人を突破)のVR映像音楽を担当し、映像ともに音楽も非常に話題となった。

2009年8月「世界遺産トーチランコンサート」はユネスコ・パリ本部とパートナーシップ締結し、同年11月12日には、ユネスコ本部大ホールで、松浦晃一郎ユネスコ前事務局長のご退官記念公式セレモニーでの「世界遺産トーチランコンサート」を実施、全てオリジナル曲による演奏で、ピアノと指揮を担当。演奏はフランス国立管弦楽団。

その後、オリジナルアルバム『追遠〜SPIRITUAL DISCOVERY』を全米、全仏で発売。ユネスコのロゴを冠した「世界遺産保護継承」をテーマにしたアルバムで、ユネスコ・パリ本部との提携により実現。このアルバムは、現在、ユネスコ本部でも販売されている。

奈良県平城遷都1300年記念祝典第二部・記念コンサートでは、世界の音楽家を代表し、全曲オリジナル楽曲で、指揮とピアノを担当。九段会館大ホールにてアフガニスタンの子どもたちのためのチャリティコンサートを開催。TBSドラマ「塀の中の中学校(渡辺謙主演:文化庁芸術祭参加作品。モンテカルロテレビ祭最優秀賞受賞。)の音楽を担当。

また、ユネスコ・パリ本部にて、ヒラリー・クリントン氏はじめ、各国の首相クラスが集まる国際会議のメインイベントで、日本代表としてコンサートを依頼され、国立フランス管弦楽団女性奏者のみでオーケストラを結成し、全曲オリジナル楽曲で指揮とピアノを担当。

岩手県の平泉や小笠原諸島が世界遺産に登録された2011年6月には、第35回・世界遺産委員会(ユネスコ・パリ本部 バーレーン王国主催)において、バーレーンのオーケストラの全曲オリジナル楽曲による演奏で、指揮とピアノを担当。

同年、城之内ミサ作曲作品『Peace of mind』が、国連機関ユネスコ・パリ本部公式ソングとなり、同曲のタイトルが、そのままキャンペーンの名前となった「ユネスコ本部 世界遺産トーチランンサート Peace of mindキャンペーン」がスタート。
このキャンペーンは、ユネスコと城之内ミサの共同プロデュースのもと、各地でライブ、コンサート、イベントなどを展開し、ユネスコの世界遺産の精神や、子どもたちの笑顔のために、そして、動物愛護といった命の問題など、ユネスコの教育精神を、城之内ミサの音楽を通じて世界に周知するキャンペーンとしてスタートした。

奈良県・興福寺(国宝:東金堂)、ルーマニア、バーレーン王国、アフガニスタンでのコンサートも大成功を収めた「世界遺産トーチランコンサート」は現在も続いている。
 
クラシック、ポップスと、ジャンルを問わないグローバルな音楽創りの姿勢は高く評価され、国際舞台で活躍する「世界の城之内ミサ」は、日本を代表する作曲家・音楽家として国連機関でも非常に評価が高い。また、国立パリオペラ座管弦楽団とのアルバム制作は、現在までアルバム10作品にも及び、フランスでも大変評価が高い。

これまで、映像音楽、アルバム、コンサート等で共演した主な団体は、 国立パリ・オペラ座管弦楽団、国立パリ管弦楽団、フランス国立管弦楽団、国立ルーマニア放送交響楽団、ジョルジュ・エネスコ・ブカレスト・フィルハーモニー管弦楽団、中国ナショナルオーケストラ、国立マケドニア交響楽団、オーケストラ・シンフォニカー・シチリアーナ、国立チュニス管弦楽団、トロントシンフォニー、県立イブリーヌ・オーケストラ、カターニア国際音楽祭インターナショナルオーケストラ、ニューヨークポップス、国立ベネズエラ・ユースオーケストラ、国立バーレーン王国文化省オーケストラ、東京交響楽団、大阪シンフォニカー交響楽団、東京フィル、東京ニューシティフィル、世界遺産トーチランコンサートオーケストラ等。

<ユネスコ平和芸術家とは>
世界で活躍する著名な芸術家にUNESCOパリ本部より与えられる称号。国際貢献や人道的支援への実績が顕著な芸術家に、それぞれユネスコから授かった役割のもとで活躍。城之内ミサは「世界遺産保護(環境、教育含む)」と、ユネスコ憲章の前文にある「人の心に平和の砦を築く=心の平和」の重要性を、自作品と演奏で世界各国に訴えることを任務として授かった。世界中で70名あまりがこの称号を与えられ、歌手のセリーヌ・ディオン氏、指揮者のゲルギエフ氏なども任命されている。2012年3月には歌手のサラ・ブライトマン氏も任命された。
→ 詳細はこちら(仏語)http://www.unesco.emb-japan.go.jp/htm/vf/d_missa_jonouchi.htm